8/8 就業支援事業が始まる

『あだち仕事発見塾』がいよいよスタートしました。これから1週間に1回、セミナーを受けつつ、別途個別のカウンセリングを受けながら仕事を探すことになります。

改めて求人を見ることになったのですが、やはり一番ネックとなるのは「年齢制限」のようで、一応あだち仕事発見塾は「U-39」と銘打っているように、39歳以下の失業者を対象としているのですが、求人票には「29歳まで」「35歳まで」という文字が踊っており、たとえ特殊な就労支援にお世話になるとはいえ、2ヶ月で正社員の口を探すのは、一筋縄ではいかないな、と実感させられました

あと、短期の派遣の仕事の登録をしてみました。
派遣業界はどこも似たような感じなのかもしれませんが、登録会もなあなあと言うか、適当な感じがしたので、少し不安も残りますが、とりあえず目下の生活費が確保できればいいか、ということで、割り切って頑張りたいと思います。

そんなことより、目下今月の生活費です。
生活保護はさすがに・・・と思っていたところ、そう言えば以前、社会福祉協議会の緊急貸付金というものがあると伺ったことを思い出して、少し調べてみたのですが、これはどうなのでしょう。
社協の知り合いは何名かいるので、相談しに行ってみたらいいんでしょうか。

一寸先も不透明な中を暗中模索しています。その都合でSAALAの活動が滞っていたり、連絡が滞っていたりしておりますが、もう少々お待ちください!